ノウハウ

ノウハウ

マンション投資を成功させるための購入時に立てるべき出口戦略について

2017.01.30

マンション投資を成功させるための購入時に立てるべき出口戦略について

マンション投資は、安く物件を手に入れ、毎月の家賃収入を得ることを主な目的としています。しかし、リスクコントロールができていなければ投資を成功させることは難しいでしょう。物件を所有している期間の運用がうまく行っているからといっても、そのまま現状維持ができるとは限りません。賢いマンション投資を行うためには、購入の時点での運用計画が鍵となります。今回は、マンション投資を成功させるために必要な「出口戦略」についてご紹介します。

マンション投資の出口戦略とは?

物事には必ず、始まり(入口)と終わり(出口)があり、入口に入る際には、出口を見つけておかなくてはなりません。不動産投資における「入口」は「購入」、「出口」は「売却」です。不動産購入の目的がマイホームとしての活用であれば、一生持ち続けることがある意味入口でありゴールであることもあります。しかし投資として購入した場合、物件を所有し続けて、収益を上げる見込みが立たなければ、投資としての意味がないといえるでしょう。

たとえ物件を安く購入できたとして、また、所有時に家賃収入が入ってきたとしても、状況の変化はついて回り、赤字が発生しはじめてから売却を決心しても、最終的に損をしてしまうこともあります。マンション投資で成功するには、購入時には分からないさまざまなリスクを伴う可能性を考えた上で、いかに上手に売却=「出口戦略」を立てるかにかかっています。

投資戦略としての売却のタイミングとは?

投資戦略として、損失をいかに最小限に抑えるかを考えるとき、まずは、所有している物件が持つ現状の価値を知ることが大切です。これは、築年数やエリアの状況など、物件の価値を下落させる将来的な要素が、ある程度予測しやすいためです。

では、どのタイミングで売却を検討すればいいのかは、以下が目安となります。

・大規模修繕の前

・空室の期間が長い

・家賃の滞納

・物件周辺エリアの人口減少

これらを見た場合、今はどれにも当てはまらなくても、物件の劣化による修繕費用は免れることはできません。古いまま修繕を怠れば入居率の低下につながりますし、また、地価や金利の変動などは自力で食い止めることは困難な要素です。物件を所有し続けることよりも、売却するタイミングを見極めることが大切です。

マンション投資成功のために「出口を広げる」

マンション投資を成功させるためには、物件の「購入計画」と同様、またはそれ以上に「売却計画」が重要になってきます。

ただし問題は、売却したくても、買い手がいなければ意味がありません。たとえ買い手が見つかっても、安値で売らざるを得ない場合、これまでの労力はすべて水の泡となり、その投資は失敗に終わるということです。そのため、売却先は個人投資家に限らず、海外の投資家や住まいを探している人など幅広く想定し、出口を広げておきましょう。また買い手が付きにくい物件の場合、不動産買取業者を利用すれば売却にかかる期間も短く済みます。

マンション投資を成功させるためには、日頃から売却先となる相手についての情報収集をし、「買い手の間口を広げる」ということも、大切な出口戦略の1つです。

おわりに

老若男女問わず、マンション投資は多くの人の憧れであり、手にした物件の運用をどうするかは、オーナー様ご自身の意思によるものです。ただしあくまでも投資を成功させるという意味では、出口のタイミングをどう計るかが重要ポイントとなることは明らかです。

投資として成功するか失敗するかは、「購入」から「売却」までのさまざまな要因があるため一概には言えません。しかし購入した不動産を「物件を所有し続けて収益を得るか」「売却して利益を出すか」など、どのように運用していくかは考えておく必要があります。

2017.01.30

マンション投資を成功させるための購入時に立てるべき出口戦略について
マンション投資を成功させるための購入時に立てるべき出口戦略について

マンション投資は、安く物件を手に入れ、毎月の家賃収入を得ることを主な目的としています。しかし、リスクコントロールができていなければ投資を成功させることは難しいでしょう。物件を所有している期間の運用がうまく行っているからといっても、そのまま現状維持ができるとは限りません。賢いマンション投資を行うためには、購入の時点での運用計画が鍵となります。今回は、マンション投資を成功させるために必要な「出口戦略」についてご紹介します。

マンション投資の出口戦略とは?

物事には必ず、始まり(入口)と終わり(出口)があり、入口に入る際には、出口を見つけておかなくてはなりません。不動産投資における「入口」は「購入」、「出口」は「売却」です。不動産購入の目的がマイホームとしての活用であれば、一生持ち続けることがある意味入口でありゴールであることもあります。しかし投資として購入した場合、物件を所有し続けて、収益を上げる見込みが立たなければ、投資としての意味がないといえるでしょう。

たとえ物件を安く購入できたとして、また、所有時に家賃収入が入ってきたとしても、状況の変化はついて回り、赤字が発生しはじめてから売却を決心しても、最終的に損をしてしまうこともあります。マンション投資で成功するには、購入時には分からないさまざまなリスクを伴う可能性を考えた上で、いかに上手に売却=「出口戦略」を立てるかにかかっています。

投資戦略としての売却のタイミングとは?

投資戦略として、損失をいかに最小限に抑えるかを考えるとき、まずは、所有している物件が持つ現状の価値を知ることが大切です。これは、築年数やエリアの状況など、物件の価値を下落させる将来的な要素が、ある程度予測しやすいためです。

では、どのタイミングで売却を検討すればいいのかは、以下が目安となります。

・大規模修繕の前

・空室の期間が長い

・家賃の滞納

・物件周辺エリアの人口減少

これらを見た場合、今はどれにも当てはまらなくても、物件の劣化による修繕費用は免れることはできません。古いまま修繕を怠れば入居率の低下につながりますし、また、地価や金利の変動などは自力で食い止めることは困難な要素です。物件を所有し続けることよりも、売却するタイミングを見極めることが大切です。

マンション投資成功のために「出口を広げる」

マンション投資を成功させるためには、物件の「購入計画」と同様、またはそれ以上に「売却計画」が重要になってきます。

ただし問題は、売却したくても、買い手がいなければ意味がありません。たとえ買い手が見つかっても、安値で売らざるを得ない場合、これまでの労力はすべて水の泡となり、その投資は失敗に終わるということです。そのため、売却先は個人投資家に限らず、海外の投資家や住まいを探している人など幅広く想定し、出口を広げておきましょう。また買い手が付きにくい物件の場合、不動産買取業者を利用すれば売却にかかる期間も短く済みます。

マンション投資を成功させるためには、日頃から売却先となる相手についての情報収集をし、「買い手の間口を広げる」ということも、大切な出口戦略の1つです。

おわりに

老若男女問わず、マンション投資は多くの人の憧れであり、手にした物件の運用をどうするかは、オーナー様ご自身の意思によるものです。ただしあくまでも投資を成功させるという意味では、出口のタイミングをどう計るかが重要ポイントとなることは明らかです。

投資として成功するか失敗するかは、「購入」から「売却」までのさまざまな要因があるため一概には言えません。しかし購入した不動産を「物件を所有し続けて収益を得るか」「売却して利益を出すか」など、どのように運用していくかは考えておく必要があります。